SNS
PRODUCT

ジャパン・クオリティーを世界へ

2014年、吉祥寺で誕生したMaker’s Watch Knot。高品質とデザイン製に優れたメイド・イン・ジャパンの腕時計を1万円台からカスタムオーダーが可能なことが魅力です。近年、海外生産へシフトした日本の時計製造業を再定義してデザイン、設計、組み立て、そして販売と全ての工程を一貫して行うことで、ロープライスが実現。またケースとストラップ、バックルなど20000通り以上のカスタムオーダーが可能。そんなメイド・イン・ジャパンにこだわりがあるKnotが同じクラフトマンシップを持つKAIHARA DENIMにストラップを依頼しました。

類まれなクラフトマンシップを持つ両ブランドのスペシャルコラボレーション

Knotでは2015年からクラフツマンシップを未来に継承すべく日本各地に息づくファブリックメーカーの伝統を世界に伝える「MUSUBU PROJECT 」と名付けたストラップのコラボレーションプロジェクトがあります。第15弾となる今回はKnot初の試みとなるカイハラ製デニムを使用したストラップを発表しました。製造から小売までを一貫して行うKnotと、原綿から生地までを一貫生産するカイハラデニム。ともにジャパン・クオリティーを世界へ発信するメーカーで常に新しい事へと挑戦していく姿勢に共鳴して、唯一無二なコラボレーションが実現しました。

デニム独自のエイジングが楽しめる、"育つ"ストラップベルト

カイハラ独自に改良を加えたシャトル織機の名機、豊田自動織機 “typeG9”でセルビッジ専門のクラフトマンが織り込むデニムを使用。ジーンズ同様にエイジングが楽しめます。また、肌に触れる裏材・ループには日本国内最高峰の「栃木レザー」を贅沢に使用し、腕周りのサイズを決める小穴にはジーンズポケットに用いられるステンレス製リベットを配した凝ったデザインが魅力です。

デニムとの相性が良いクラシックシリーズ

デニムストラップの種類はリジット、ウォッシュ加工、ホワイトデニムの3タイプ。特にフィットする時計のモデルは腕時計のデザインが最美を極めた1940年代~60年代に人気を誇った、トラディショナルデザインからインスパイアされたスモールセコンドなどのクラシックシリーズ。プレミアム素材の融合をテーマにサファイアガラスや316Lサージカルスチールを標準採用。日本の技術力によって設計された薄型ケースとミニマルなダイアルデザインが腕元を格上げする秀逸なコレクションです。

SKD-18IBBRSV¥5,000+tax  / (左)CS-36SVBK ¥14,000+tax (右) CS-36SVWH ¥14,000+tax

SHOP DATE
吉祥寺ギャラリーショップ

 

東京都武蔵野市吉祥寺本町2-33-8 ラ・リュエル吉祥寺 1F

TEL 0422-27-6360

https://knot-designs.com/

knot_official

 

 

RECOMMEND ENTRIES
オススメの記事