SNS
FASHION

A.P.C.が30年以上もカイハラデニムを選び続ける理由

1987年にデザイナー、ジャン・トゥイトゥ氏が立ち上げたブランド、A.P.C.
ブランド名には「生産と創造の工房(Atelier de Production et de Creation)」という意味がこめられている。「個性的ではなくベーシックな作りだからこそ、それが着る人によって個性が最大限に引き出される」という意図がこめられている。コンセプトはアイテムにも投影されており装飾を削ぎ落としたミニマルなデザインが特徴です。素材も徹底的に追求しており、中でもA.P.C.を代表するクラシックモデルのジーンズ、<ニュースタンダード>は30年間、カイハラのデニム生地を使用しています。

 

熟練した技法を用いてインディゴ染色された良質なコットンを旧い力織機で織り、作り上げた張りのある14.5オンスの生地を用いているため、美しいエイジングが魅力です。裾に向かって緩やかなテーパードが効かせることでストレートレッグに映るよう計算されたシルエットはメンズだけなく、レディースにもフィットします。

ニュースタンダード ¥20,000+tax

<ニュースタンダード>と同じデニム生地を採用した<スタンダードスカート> 。軽い裾広がりのシルエットに加えハイウエストなため様々なスタイリルにもマッチする汎用性が高いアイテムです。

スタンダードスカート ¥16,000+tax

●問い合わせ先/アー・ペー・セーカスタマーサービス TEL 03・3710・7033

https://www.apcjp.com/jpn/

RECOMMEND ENTRIES
オススメの記事