SNS
FASHION

ローラが手掛ける『STUDIO R330』が新コレクションを発表

ロサンゼルスを拠点に活動するローラがクリエイティブ・ディレクターを務める『STUDIO R330』が新作コレクションを発表しました。コレクションの全体テーマは ”Slow Life”。日々多忙な生活の中で、もう少し自分の心と身体に向き合うスローライフな精神で毎日を送れるように。私たちの多くが求める想いをローラ流に込めた今回のコレクションです。

 

第2弾となるデニムコレクションは、前回のスキニーデニムに引き続き、シンプルさとべーシックを追求した「ボーイフレンドストレートフィット」と「ドルマンスリーブデニムジャケット」の2型が登場。究極のシンプルを追求し、着る人のボディを健康的かつセクシーに包みこむ美しいシルエットが特徴的です。レッグラインを美しく長く見えるように配慮された股上と股下とのバランスや、視覚的なヒップアップ効果が期待できるバックポケットの位置もローラがこだわったデザインポイント。意図的に少し長めに作られたレングスによってできる、膝から足元にかけてのボリューム感が上品なノームコアスタイルを演出。 デニムジャケットは、パンツをコーディネートする際にバランスよく見せるための絶妙なショート丈に、ヴィンテージデニムからインスパイアされた上品なドルマンスリーブを採用しました。

デニム素材は、近年CO2削減など環境保全にも力を入れている、日本有数のデニム生地メーカー「カイハラ」の80s オーセンティックデニムを使用 。ムラ感、色の落ち感、肉厚、重さひとつのアイテムとなった時にベストとなるように長年かけて生地開発。近年デニムでは光沢を出す為に”シルケット加工”を施すが、ヴィンテージの風合いを再現する為に意図的にその加工が省略。その分、薬剤使用も少なくなり環境に配慮されたものとなった。またポケットの袋布もオーガニックコットンを使用しています。

 縫製と加工は「いま世界で一番エシカルでサステイナブルなデニムを作る」と評されている南ベトナムを拠点とする工場、サイテックス ・インターナショナルが引き続き担当。デニム生産時に使用する水の98%をリサイクルするなど、環境にも最大限配慮されたデニムコレクションです。

「人間と自然が共生する豊かな未来」を目指し、社会貢献活動にも積極的に取り組んでおり、このデニムコレクションの売り上げの一部は、CO2の削減を目的とした植樹活動や絶滅危惧種の保護など様々な社会貢献活動へ寄付を行う。また世界的な森林再生に焦点を当てた非営利組織である「ワン・トゥリー・プランテッド」と提携し、植樹プロジェクト『FOREST R330』も引き続き継続しておこなっている。

Dolman Sleeve Denim Jacket  ¥19,800 (in tax) 

Unisex Low Rise Straignt Fit ¥16,500(in tax) 

INFOMATION
STUDIO R330

お問い合わせ先:contact@studior330.co.jp

HP : r330.jp

Instagram : @studior330

RECOMMEND ENTRIES
オススメの記事